色味が楽しめるノンジアミンカラー | 銀座 美容院・美容室 bloom sweet|ブルーム・スウィート

色味が楽しめるノンジアミンカラー

銀座 美容室 

ノンジアミンカラー

 

青木です!久々blogになりますが

12月ラストスパート皆で頑張ってます。


今回紹介するのは、アルカリのノンジアミンカラーです。

 

染める前

【お悩み】

ジアミンアレルギー

髪が明るい

【提案】

透明感、赤みがでないようにグリーン系の色で!

トーンダウンするには、カラートリートメント配合がおすすめ!!

【メニュー内容】

カット+ノンジアミンカラー+3ステップトリートメント

【使用カラー剤】

アペティート ヘルバ ノンジアミンカラー


仕上がり

 

【使用スタイリング剤】

NINE ヘアオイル

【次回提案】

伸ばし中なので、カットは整えるだけで。

明るくなりやすいので、次回もっと暗めがよければ、カラートリートメントで暗さを調節!

【まとめ】

今回は、白髪染めではなくファッションカラーのノンジアミンカラーです。ヘアカラーでのダメージをなるべく抑え、ノンジアミンカラーでは難しい透明感がでるようなレシピでやりました。

ファッションカラーでノンジアミンカラーを希望の方はおすすめの色味です。

ノンジアミンカラー(アルカリ)


ジアミンとは?

 

ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)等のことです。少量の色素で濃く色を出せ、いろいろな色調を簡単に作ることができるのです。

 

そのジアミンが頭皮につき、頭皮から有害成分が吸収されて、血管に入りこんでしまいます。血管に入ったジアミンが内蔵にたまっていくのです。そのために体内の免疫システムが過剰反応してしまって、かぶれなどの症状が起きてしまう可能性があります。

ジアミン入りのカラーとノンジアミンカラーの色の違いは、

ジアミンが入っているカラー剤だと

 

これ全部の色が作れます。

 

しかし、ノンジアミンカラーだと

これぐらいです。ジアミンが入っていないと作れる色が限られます。アッシュ系やグレー系などは、ジアミンが入っていないと不可能な色なのです。

色の制限はありますが、その時の気分や季節で色や明るさを変えれることができます。

 

まずはパッチテストをオススメします。

 

参考にしてください。


IMG_1093.jpeg

ヘアカラーでのトラブル・敏感肌などでヘアカラーを諦めていた方、お悩みがある方もヘアカラーを楽しんでいただけるように、お悩みを一番に考え、丁寧な施術を提供しております。【アジュバン ベーシックカウンセラー取得 】 岡山県出身/O型

 

TOP