明るくできるノンジアミンカラー | 銀座 美容院・美容室 bloom sweet|ブルーム・スウィート

明るくできるノンジアミンカラー

銀座 美容室

ブルーム スウィート

blog

 

青木です!

 

本日は、アルカリを使ったノンジアミンカラーのご紹介!

 

まず、ジアミンとは?

ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)等のことです。少量の色素で濃く色を出せ、いろいろな色調を簡単に作ることができるのです。

 

そのジアミンが頭皮につき、頭皮から有害成分が吸収されて、血管に入りこんでしまいます。血管に入ったジアミンが内蔵にたまっていくのです。そのために体内の免疫システムが過剰反応してしまって、かぶやなどの症状が起きてしまう可能性があります。

 

ジアミン入りのカラーとノンジアミンカラーの色の違いは、

ジアミンが入っているカラー剤だと

 

これ全部の色が作れます。

 

しかし、ノンジアミンカラーだと

これぐらいです。ジアミンが入っていないと作れる色が限られます。アッシュ系やグレー系などは、ジアミンが入っていないと不可能な色なのです。

 

では染める前をご覧ください。

 

表面

 

 後ろ

 

内側

 

アルカリのノンジアミンカラーは、染めたてでも白髪のカバーが弱いのが本音。こちらのお客様は、元々白髪の染まりが弱い方です。

しかし今回アルカリ剤とカラートリートメントの配合を少し変えたところ、、

 

表面

 

後ろ

内側

 

白髪が染まりづらいお客様ですが、この明るさで今までにない白髪の染まりかなと。とてもキレイに染まりました。

  

参考にしてください。

 

 

TOP