ノンジアミンカラー(5〜10レベル.Ver) | 銀座 美容院・美容室 bloom sweet|ブルーム・スウィート

ノンジアミンカラー(5〜10レベル.Ver)

銀座 美容室

ブルーム スウィート

blog

 

青木です!今回紹介するのは、色や明るさを選べるアルカリを使ったノンジアミンカラーのご紹介!

 

まず、ジアミンとは?

ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)等のことです。少量の色素で濃く色を出せ、いろいろな色調を簡単に作ることができるのです。

 

そのジアミンが頭皮につき、頭皮から有害成分が吸収されて、血管に入りこんでしまいます。血管に入ったジアミンが内蔵にたまっていくのです。そのために体内の免疫システムが過剰反応してしまって、かぶやなどの症状が起きてしまう可能性があります。

 

ジアミン入りのカラーとノンジアミンカラーの色の違いは、

ジアミンが入っているカラー剤だと

 

これ全部の色が作れます。

 

しかし、ノンジアミンカラーだと

これぐらいです。ジアミンが入っていないと作れる色が限られます。アッシュ系やグレー系などは、ジアミンが入っていないと不可能な色なのです。

 

色の制限はありますが、その時の気分や季節で色や明るさを変えれることができます。

 

では本日のお客様!染める前です。

 

 

このように明るくなっています。アルカリを使ったノンジアミンカラーは、暗く染めることや、白髪を染めるのが苦手です。しかし、カラートリートメントを一緒に配合することによって、トーンダウンや白髪が染めれます。

 

 

 

では、染め上がり!

 

 

いかがでしょうか!ノンジアミンカラーでもこのような透明感のある色がだせました!ベースが明るかったので、7レベルのグリーン系+カラートリートメントを配合。暗くなりすぎないようにと、透明感がでるように青木オリジナルの調合となってます。笑

白髪染めではなくても、トーンダウンする時はカラートリートメントを入れるのがコツです!

 

参考にしてください。

 

 

TOP