ノンジアミンカラーの種類 | 銀座 美容院・美容室 bloom sweet|ブルーム・スウィート

ノンジアミンカラーの種類

銀座 美容室

ノンジアミンカラー

ブルーム  スウィート

 

 

 

青木です!12月に入り、ノンジアミンカラーで染める新規のお客様の予約がたくさん入っております。ノンジアミンカラーを何種類も扱っているbloom sweetなので、どんなノンジアミンカラーがあるかご紹介します。

 

アルカリを使ったノンジアミンカラー


ジアミンとは?

 

ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)等のことです。少量の色素で濃く色を出せ、いろいろな色調を簡単に作ることができるのです。

 

そのジアミンが頭皮につき、頭皮から有害成分が吸収されて、血管に入りこんでしまいます。血管に入ったジアミンが内蔵にたまっていくのです。そのために体内の免疫システムが過剰反応してしまって、かぶやなどの症状が起きてしまう可能性があります。

ジアミン入りのカラーとノンジアミンカラーの色の違いは、

ジアミンが入っているカラー剤だと

 

これ全部の色が作れます。

 

しかし、ノンジアミンカラーだと

これぐらいです。ジアミンが入っていないと作れる色が限られます。アッシュ系やグレー系などは、ジアミンが入っていないと不可能な色なのです。

色の制限はありますが、その時の気分や季節で色や明るさを変えれることができます。

イメージ写真はこちら!

このように明るくもできるし、色も選べるし、白髪に色を入れることもできます。

本日いらしてくれた友梨香ちゃん、ありがとうございました!

 

 

ノンジアミン香草カラー


しっかり白髪を染めたい方はこちら。

・ジアミン・アルカリ剤・オキシ・界面活性剤・防腐剤・シリコーン

上記を一切使用していない白髪染めのカラー剤

 

ヘナに近いカラー剤です。しかし、ヘナで気になるのがオレンジ色に染まってしまう白髪。白髪を隠したいのに隠れてくれない白髪。色のもちも毛染めと比べて悪い。

仕上がりの面で満足いただけなかったヘナでした。

そこでオススメしたいのが、ノンジアミン香草カラー

 

原料の97.4%が植物成分。

ヘナやナンバンアイ葉をベースに作られ、新しいオーガニックカラーです。

この香草カラーオーガニックカラーで独特なオレンジの色味もでません。ヘナのオレンジ色問題も解決ですね。

 

97.4%植物成分。『後の2.6%はなに?』って気になりますよね。この2.6%も決して髪に悪いものではないんです。成分中にあるナンバンアイ葉=インディゴは発色するのにかなり時間がかかります。

そのインディゴの発色を促すものや、色味を安定させるHC染料、薬剤の塗布と浸透をよくする為に粘度を上げる物が入っています。

安心してできるカラー剤!!アレルギーでヘアカラーを諦めていた方、ヘナカラーであまり満足されてなかった方などにオススメのカラー剤となっております。

 

イメージとしては

このように、しっかり染まります。白髪の数や、髪質で色の出かたは異なりますが、明るくなくていい!って方は、こちらの香草カラーがおすすめです!

 

後は、カラートリートメントでの白髪染め、ヘアマニュキュアでの白髪染め

 

ジアミンアレルギーではないが、優しいカラー剤で染めたい方は、低ジアミンのハーブカラーでの白髪染め

 

があります。今までヘアカラーでお悩みの方は、まずはパッチテストをされる事をオススメします。安心安全でヘアカラーを楽しんでいただけるように、ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

 


IMG_1093.jpeg

ヘアカラーでのトラブル・敏感肌などでヘアカラーを諦めていた方、お悩みがある方もヘアカラーを楽しんでいただけるように、お悩みを一番に考え、丁寧な施術を提供しております。【アジュバン ベーシックカウンセラー取得 】 岡山県出身/O型

 

ご相談、質問がありましたら

【LINE@】から

TOP